【おすすめ商品】スマホで家電操作!~Nature Remo~

Nature Remo

テレビのリモコン、エアコンのリモコン、照明のリモコン、モニターのリモコン……

リモコン多すぎ!

読者の皆様の家庭にもリモコンがあふれていませんか?
あんまり多いと邪魔だけど無いと困るから…

現在多くの家電で採用されているのが赤外線リモコンです。

筆者の家で使用しているエアコンと照明のリモコン

上記のようなリモコン、どこのご家庭にもあると思います。
いくつもリモコンがあると正直管理がめんどくさいですよね。
定位置に戻さないとすぐに見失っちゃいます…

もしスマホで家電がまとめて操作できたら

  • なくさない
  • 散らからない
  • 電池要らない

便利だと思いませんか?

でもスマホで家電操作って……
そんなことできるの?
Wi-Fi対応してるような高価な家電じゃないと操作できないんじゃないの?

漠然と疑問を抱えていた時期が筆者にもありました。
この疑問を調査&解決し、実際にスマホで各家電を操作するまでに至りましたので、本記事ではその内容をお伝えしたいと思います。

本記事では赤外線リモコン対応家電をスマホでまとめて操作できるようにする商品をご紹介します。

Nature Remoでリモコンをひとつに!

赤外線リモコンで操作するタイプの家電をスマホで操作することはできません。(当たり前)
ですが、工夫次第で操作可能になります。
それを実現してくれる商品がNature Remoです!

Nature Remoはいわゆるスマートリモコンと呼ばれるものの一つです。
スマートリモコンとは、普通の家電を疑似的にスマート家電化できる便利なアイテムです。

このNature Remoでは各赤外線リモコンの信号を登録することができます。
一度リモコン登録してしまえば、後はNature Remoを通して家電が操作できるようになります。

スマートリモコンの仕組み

Nature Remoがどのようにして家電を操作するのかというと、下図のような仕組みなっています。

出典:TIME&SPACE 普通の家電がスマホで操作できる! 『スマートリモコン』の選び方とおすすめを紹介

ネット回線(4G回線、Wi-Fi)経由でスマートリモコン(Nature Remo)に命令を飛ばし、それを受け取ったスマートリモコンは命令を赤外線信号に変換して各家電に伝えます。

スマートリモコンをスマホと家電の間に媒介させることで、あたかもスマホで家電を直接操作しているかのような状況を作り出すことができます。

Nature Remoの機能

Nature Remoではどんなことが行えるのでしょうか?
具体的には以下の通りです。

  1. 赤外線リモコンの信号を登録
  2. 登録したリモコンをスマホ経由で操作
  3. 登録したリモコンを音声で操作 (※要スマートスピーカー)
  4. スマホの位置情報で家電操作
  5. 搭載されている各種センサー(またはGPS)をトリガーにして家電操作 (オートメーション機能)
  6. 一連の操作をひとつのコマンドとして登録可能(シーン機能)

実際に使える機能を全て挙げました。

実はリモコンをまとめてスマホで操作できるだけでなく、スマートスピーカー(Amazon Echoとか)と組み合わせれば音声操作もできます!←めちゃくちゃ便利です

スマホのGPSと連携させて、家から半径○○メートル以内に入ったらエアコンをつける、などの使い方も可能です。←めちゃくちゃ便利です
(これらの機能に関しましては後日別記事で解説予定です!)

非常に便利な機能が複数搭載されており、これ一台で近未来感のある生活を楽しむことができます。

Nature Remoの種類と性能差

Nature Remoは現在下記の3種類あります。

何が違うのかというと、まず搭載されているセンサーが異なります
Nature Remoにはオートメーション機能というものがあり、Remo本体に搭載されているセンサーやスマホのGPSを利用して家電の操作ができます。
miniに搭載されているのは温度センサーのみですが、2と3には温度/湿度/照度/人感の計4つのセンサーが搭載されています。

また、3はBluetooth機能がついており、赤外線だけでなくBluetoothでも通信できるようになっています。

Nature Remo mini
  • 温度センサー
Nature Remo 2
  • 温度センサ―
  • 湿度センサー
  • 照度センサー
  • 人感センサー
Nature Remo 3
  • 温度センサ―
  • 湿度センサー
  • 照度センサー
  • 人感センサー
  • Bluetooth対応

あと重要な違いがもうひとつ。
壁掛け穴の有無です。
Nature Remoは基本的に壁に設置します
miniと3には壁掛け穴があるのですが、2にはありません
2は付属の両面テープを使って壁に固定することになります。
(下記リンク先の壁付けホルダーという選択肢もあります)

Nature Remo miniの裏側
Nature Remo 3 の裏側
出典:大須は萌えているか?
スマートリモコンをeRemote miniからNature Remo 3に乗り換えた話

おすすめはどれ?

mini、2、3の各機を評価してみると、

性能:mini<2<3
価格:mini<<2<3
コスパ:mini>>>2>3

といったところでしょうか。
いろんなセンサー使ってみたい!って方は2か3を検討しても良いと思いますが、個人的にはminiで十分だと思います。

性能差は主に各種センサーの有無、Bluetooth対応かどうかにあるとお伝えしました。
しかし、Nature Remoを使っていく上でそれほど各種センサーは必要ないかと思います

筆者はNature Remo miniを愛用しているのですが、ほとんど温度センサーは使っていません。
というのもGPSを利用したオートメーションが便利すぎてほとんどのトリガーをGPSで設定しています。

例えば温度センサーを使えば、室温が18℃以下になったらエアコンをつける、といったオートメーションが作れます。
が、正直自分が外出している間は室温が何度であろうとどうでもいいです。
それよりも家から半径3km圏内に入ったらエアコンをつけるといった使い方の方が外出中無駄にエアコンを稼働させなくて済むし実用的ですよね。
他のセンサーに関しても同様のことが言えます。
家に帰ってきたら家電をON、家を出たら家電をOFFといったオートメーションで大概事足ります。

また、Nature Remo 3のBluetooth対応についても筆者は今のところお金をかけるほどのメリットではないと考えています
というのも皆さんBluetoothで操作できる家電って何か思い浮かびますか?
筆者は思い浮かびませんでした。
2020年10月31日現在Nature Remo 3のBluetooth機能で操作できる家電は目覚ましカーテンmornin’ plusのみです。(Nature Remo公式サイトにも記載されています)

せっかくBluetooth対応といっても操作できる機器が1種類ではメリットが薄いです。

また今後Bluetooth対応の家電が増えてきたら検討の余地はあるかと思いますが、現状Bluetooth対応だからと理由でNature Remo 3を選ぶ必要はないと思います。

上記のような理由から、基本機能のみで価格を抑えたNature Remo miniがおすすめです。

まとめ

本記事では家電をまとめて操作できるようにするスマートリモコン、Nature remoをご紹介しました。
家電の疑似スマート化、興味もっていただけたでしょうか?

Nature remoは筆者が生活に導入した中でもトップクラスに便利な製品です。
興味を持った方は是非購入を検討してみてください。

毎日の生活がちょっとだけ便利になります。
でもそのちょっとの”便利”が何百日、何千日と積み重なればきっと、あの時買って良かったと心から思える日がはずです。

余談

もしかしたらNature Remo 1は?無いの?と気になった方もいるかもしれませんが初代Nature Remoはすでに販売終了しています。
Nature Remoシリーズの初めての製品ということもあり色々改善点が上がったため改良がおこなわれました。
そうして出来上がったのがNature Remo 2です。
Nature Remo 2が初代の上位互換となったので、初代はお役御免となったわけです。
初代Nature RemoはNature Remo シリーズの礎となったのですね。

ちなみに公式では販売終了はしていますがアマゾンなどではまだ中古で売られています。
新品未開封のものは1万円以上の値段がついていたりします。
(最新型のNature Remo 3より高額(笑))

コメント

タイトルとURLをコピーしました