無料ソフト

CLCLの使い方ガイド~クリップボードの機能を拡張する~

パソコンを使って作業する際、コピー&ペーストは誰もが使う機能でしょう。

テキスト、画像、WordやExcel等コピーして別の場所に貼り付け、といった作業は日常茶飯事です。

そこで今回は「コピペ」をより使いやすくするフリーソフトCLCLを紹介します!

クリップボードとは?

コピーしたデータは一旦クリップボードと呼ばれる場所に保存されます。

貼り付け時はクリップボードからデータが呼び出される仕組みになっています。

しかし、クリップボードに保存できるデータは基本的にひとつです。

ある文章をコピーしクリップボードに保存している状態で、新しく別の文章をコピーするとクリップボードの内容は上書きされます。

クリップボードの不便な点

  • 保存できるデータはひとつ
  • 新しくデータをコピーすると内容が上書きされる

上記のクリップボードの特性は少し不便です。

複数のデータのコピー&ペーストをまとめて行いたい時に、一つずつやるのは面倒ですし、

出典:高橋忍のにゃんともWindows
誰もやらなかったWindowsクリップボード徹底解説

貼り付けようという時に間違ってコピーしてしまい、もう一度やりなおし…ということもあります。

クリップボードの履歴管理ソフト 「CLCL」

前述の不満点を解消するため、「CLCL」というソフトを活用します。(クルクルと読みます)

このソフトでは、クリップボードの履歴を参照することができます。

コピーした内容を再利用でき、作業の効率化に役立ちます。

クリップボードに保存されている
15件のデータ

通常はひとつのデータしか扱えませんが、CLCLを導入すると複数のデータをクリップボードに保存できるようになります。

一気にコピー、一気にペーストといったこともできるようになります。

出典:高橋忍のにゃんともWindows
誰もやらなかったWindowsクリップボード徹底解説

クリップボードに保存されている履歴はいつでも呼び出すことができます。

CLCLのダウンロード&インストール

CLCLはフリーソフトですので、無料で使用できます。

下記の3つのサイトのいずれかからダウンロードできます。

ダウンロードしたファイルを実行してインストールしましょう。

一応手順を載せておきますが特に難しい設定はなく、基本的に「次へ」を押すだけでOKです。

1.「次へ」を押す。

2.「次へ」を押す。

3.「次へ」を押す。

4.「スタートアップのショートカットを作成する」にチェックを入れておくとPCの起動時にCLCLを起動してくれるのでおすすめです。

5.「次へ」を押す。

6.「はい」を押す。

7.「完了」を押す。

CLCLの使い方

デフォルトでは「Alt+C」でクリップボードの履歴(メニュー)を呼び出すことができます。

タスクバーにあるCLCLのアイコンをクリックすることでも同様に呼び出すことができます。

追加設定

  • 保存できる履歴の数を変更する
  • 履歴を呼び出すショートカットキーを変更する

これらの方法についてご紹介します。

タスクバーのCLCLのアイコンを右クリックして下記の画面(ビューア)を開き、画面上部のツールタブからツール設定を開きます。

クリップボードに保存できる履歴の数を変更する

ツール設定画面の履歴タブで履歴に残す件数を調整することができます。

デフォルトでは30件に設定されています。

自分の使いやすい件数に設定すると良いでしょう。

ちなみに筆者は15件に設定しています。

履歴を呼び出すショートカットキーを変更する

ツール設定画面の動作タブでメニューやビューアの呼び出し方法を設定することができます。

メニュー
ビューワ

既存のショートカットキーを編集したり、新たに呼び出し方法を追加したりできます。

呼び出し方法に任意のショートカットキーを割り当てたい場合は「ホットキー」を選択しましょう。

あとがき。

今回はクリップボードの機能を拡張するフリーソフト、「CLCL」をご紹介しました。

コピー&ペーストは頻繁に使う機能であるだけに、その履歴が参照できると何かと便利です。

また、筆者が使っていないので本記事では紹介していませんが、よく使う文字列などを登録しておく「登録アイテム」といった機能もあるようです。

CLCLにはさまざまな機能があるので、使いこなしたいという方はご自身で色々調べてみていただくと良いかと思います。

余談

実はWindowsにもクリップボードの履歴を参照できる機能があります。

Win+V」のショートカットキーで開くことができます。

しかし、

  • テキスト
  • 画像
  • HTML

にしか対応しておらず、それ以外のコピー履歴は残りません。

CLCLはどんなファイルでもちゃんとコピー履歴が残ります。

利便性を考えれば、CLCLのようなクリップボード履歴ソフトを使うほうが良いでしょう。